オモシロアイテム:いーぷら Style

2013年02月22日

勇者ヨシヒコと悪霊のカギ 第7話

なぜか民法の深夜に放送している勇者ヨシヒコと悪霊のカギ。

今かなりはまっています。

 

昨日の内容はヨシヒコ一行の偽物が表れたというもの。

表れたというか、魔物が目の前で化けてそのまま先に村に侵入していったのですが、

このニセモノ達は、本物よりも勇者一行っぽいから笑えます。

 

本物より強く、

本物より仁徳がある。

 

反則でしょう(笑)

 

最後のオチも笑えました。

 

もうだいぶ終盤戦ですが、毎回必ず笑わせてくれるので

個人的にかなりクオリティの高い作品だと思います。

 

前作の魔王の城を見ようと思って、近所のツタヤに何度も足を運んでいるのですが、

いつ行っても、貸し出し中。

 

いい加減こっちにも回してほしいもんです。

今はちょっと金欠なので、ムリですが、

余裕ができたら、即効でDVDボックス買う予定です。

 

その頃には悪霊のカギのDVDでちゃうのでまた一気に金欠になりそうですが・・・。

 

 

posted by 伊藤 at 10:58| Comment(0) | オモシロアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

ベルコベンチャー 無線マウスグローブで、カッコイイプレゼンをしよう


なかなかプレゼンで勝てない営業マンのために、
本日は、ギリギリの秘密兵器(無線マウスグローブ)の紹介です。

この秘密兵器を使うと、プレゼンテーションを受ける相手に
インパクトを与える
ことが出来ます。

プレゼンテーションにおいて重要なのは、
もちろんその内容ですが、競業と似たり寄ったりの内容で争う場合、
どの営業マンと付合った方がメリットがあるかなどの、
プレゼン内容以外の部分でも争っている場合があります。

一昔前であれば、営業マンの人柄や、その企業のサービス精神なども
比較の対象になりましたが、

昨今では、企業側の教育がある程度行き届いていることもあり、
人柄やサービスなどでの差別化が難しくなってきています。

そこで私がオススメしているのは、
相手の印象に残るプレゼンをするということです。

例えば、大事なところを小さな声で話す等の声の強弱や、
難しい話をする場合に、身近なもので例え話に置き換えわかりやすく説明する
などあります。

今回オススメするのは、アクションを大きくするということです。
アクションとは、身振り手振りによって、相手に印象的に残るようにするという
一般的に良く使われる方法です。

しかしこの秘密兵器を使うことで、そのアクションの幅が一気に広がります。

なぜアクションの幅が一気に広がるのか?
それは、プレゼンする場所に縛られないからです。

まず、この秘密兵器の写真を見てください。
image-20120822134421.png

無線でつながるグローブタイプのマウスなので、
パソコンの前に固定されることなく、
自由に会場全体を行き来しながらプレゼンすることができます。

場所に縛られないということは、
体全体を使ってのプレゼンテーションをすることができます。

image-20120822134435.png

個人的には、あくまでも”インパクトを与える”ための秘密兵器であり、
それ以前にプレゼンの内容を強化することをオススメします。

ただ、ノリのよいお客さん相手にこのグローブでプレゼンしたら
話題沸騰になること間違いなしです。

プレゼン力を強化したい人向けのギリギリの秘密兵器のご紹介でした。


posted by 伊藤 at 13:38| Comment(0) | オモシロアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いーぷら Style

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。