独り言:いーぷら Style

2012年08月18日

部屋の○○を変えて、心機一転!


昔、テスト勉強をしようとする際、なぜか無性に部屋の掃除をしたくなったことってありませんか?
一種の現実逃避なのでしょうが、私それが大人になってからも続いています。

私の場合は、ある程度続けて何かにいきづまると、部屋のレイアウトを変えます。
占いや、風水の信者ではないのですが、こういう時はこっちの方角に何を置いた方が良いとか
ちょっと気にしています(笑)

実は今回は、半年ほどあることでずっと悩んでいて、正直まともな精神状態ではないほど
追いつめられていることが続いていたのですが、

今月になりようやくそのことから解放され、ここ数日になってようやく
回復してきた状態でした。

そういう状態の時でも、有意識の隅っこで、「なんか違う」という違和感がずっと存在し、
最近になりそれは「部屋がなんか違う」ってことなんだというメッセージだと感じとりました。

思い立ったら吉日ってことで、さっそく部屋のレイアウトを変更作業開始です。

私の場合、7割が書類(書籍、マンガ、雑誌、印刷物・・・)なので、
棚の移動があるとものすごく大変です。

印刷物を整理していると、新卒のころに面倒を見てもらっていた先輩社員からの
アドバイスメールを印刷したものを発見しました。

あの当時は偉そうに、
「○○さんは実力もってるんですから、のびのびできるプロジェクトに配属してあげてください!」
なんて部門長に直談判してたのを思い出します(笑)

他人のことを心配する前に、自分のスキルを磨けって感じですよね。。。。

アドバイスメールにおいては、過去、現状、未来を見据えたメッセージが込められていて、
もう7年くらい前のものですが、いまだに読み返すと関心する内容でした。

会社を離れ、物理的な距離も離れた所である程度の時間を過ごしましたが、
あの先輩からみたら、今の私は成長している姿になっているのか、
それともまだまだ青二才なのか?

正直まだ怖くて聞けないですが、これを機会に、心機一転、いちから見つめなおし、
努力していこうと思います。

posted by 伊藤 at 23:39| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

遊び心を思い出したくて買った一冊(絶対に電車の中で読んではいけません!)


”遊び心”についてどう思いますか?
私は、プライベートはもちろんのこと、仕事でも遊び心はとても大切だと思っています。

どうしても”仕事”と考えてしまうと、
「真面目にやらなければならない」
「ふざけてはいけない」

といった感覚が発生し、「”遊び心”を足してみました」なんて言ってみると
ひどく反感をかうことがありました。

その結果として、私の中から”遊び心”君とちょっとずつさよならを繰り返し、
気が付けば、残っている”遊び心”君はかなり少なくなり、
さらにびくびくしながら生活しています。

でも、ちょっとよく考えてほしいのですが、仕事に”遊び心”をプラスすることは、

真面目にやっていないわけでもないですし、
ふざけているわけでもないということです。

むしろ、真面目に”遊び心”をプラスしようと真剣に考えてのプラスです。

堅苦しいことを淡々とこなすこともとても大切ですが、
そこに面白みがあった方がよりやりやすくなるのではないかと私は考えるからです。

特別なきっかけがあったわけではないですが、
ふとそんなことを思い出したので、サラリーマンとして働いてきた間に
少しずつ”さよなら”してきた”遊び心”君と再会すべく、
とある書店に行ってきました。


"遊び心"を思い出す1冊とは?続きはコチラ
posted by 伊藤 at 22:19| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

合わない奴に積極的に絡む。そして理解する。


ある程度”自分”という生き物を理解したころから、
人間は、得意・不得意、合う・合わないを知らず知らずのうちに、作っています。

それは大人になればなるほど、その境界線はビシっとひかれ、
ちょっと気まぐれで、その境界線を越えようとするものなら、
脳ミソがから全体に警報を鳴らして、力ずくで阻止しようとします。

なので、大人は新しいことにチャレンジするということをしたがらず、
できることなら、今までの延長線上でず〜とダラダラ行く癖がついているのだと思う。

たぶんこれは、脳ミソの策略である。

新しいことにチャレンジすることによって、一番負荷がかかるのは脳ミソだからだ。
なので、脳ミソは”自我”にばれないように、少しずつ”自我”を洗脳する。

「新しいこと始めると、絶対疲れるって。」
「チャレンジって言葉はキレイ事だよね。」
「だって、○○さんなんて、あんなことにチャレンジして失敗したでしょ?バカだよね(笑)」

と、”自我”に対してチャレンジネガティブキャンペーンを常に行っている(ハズ)。

その証拠ではないが、
人は、自分にとって都合のいい情報しか目に入らないし、
それを逆手にとって、マスコミは、ネガティブな情報しか報道しない。

社会と脳ミソが知らず知らずのうちに一致団結しているのだ。


===PR=======================================================
     家で勉強しなくても、試験合格!?
     短時間でスキルアップを狙うなら−−−−!
     ☆★無料講座付き★☆
     【中小企業診断士 通勤講座】

====================================================PR======

続きを読む
posted by 伊藤 at 20:45| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いーぷら Style

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。