独り言:いーぷら Style

2012年09月25日

明日は、久々に晴れるらしい


天気予報情報ですが(あたりまえか・・)、
明日は久々に晴れるらしいです。

この一週間、一気に寒さが増したので、
自宅は秋をとばして、着々と冬バージョンに衣替え中です。


テレビでは、次のようなことを言っていました。

天気が回復したら何がしたい?

・洗濯
・運動
・散歩
・布団干し

さりげなく、衣替えの季節ですよ〜とお知らせしてくれてました。

最近の世の中のキーワードは”共感”ということもあって、
天気予報でも、視聴者の共感を得るような話題を取り入れる時代なんだな〜と
しみじみ感じました。

posted by 伊藤 at 23:52| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

天秤を使ったコイン当てクイズ 〜頭の体操〜


思考が硬直化していませんか?
いつも同じような作業を繰り返していると、
どんなに優秀な方でも、徐々に頭が凝り固まってきます。

あなたは解けるか?解けるとスッキリ!はまります。知恵の輪パズル 8種アソート 1点 (種類おまかせ)

それは、初めて体験するようなことは、
ものすごい非常識なので、神経を使って挑戦すると思いますが、
どんなにすごい体験でも同じことを毎日やっていると、
徐々に新鮮味がなくなり、いつしか普通になってしまうのと一緒です。

なぜそうなってしまうのか?
それは、”頭を使わないから”です。

どんなに難しい問題でも、何度も何度も繰り返して解いているうちに、
次第に見た瞬間に、解き方がわかりスラスラ答えられるようになると一緒です。

否定される方が多いかもしれませんが、
社会人の殆どの人は、同じことを繰り返すために会社に行っているようなものです。
(決してそれが悪いことだとは思っていませんので、誤解されないようにお願いします。)

どんなに頭の良い人でも、頭を使わなければ、老化(?)していきます。
老化というよりは、シナプスが細くなっていき、記憶情報の伝達が遅くなっていくという
イメージでしょうか?

脳科学の専門家ではないので、合っているかどうか自信はないですが、
今回私がお伝えしたいことは、頭に”負荷”をかけましょうということです。

負荷をかけるといっても、重りを載せるというようなものではありませんよ(笑)
普段あまり考えないようなことを考えることで、脳を活性化させるということです。

いわゆる”脳トレ”ってやつです。
任天堂DSで一昔前に大流行したあれですね。

ということで、頭を使う問題です。
それは、天秤を使ったコインあてクイズです。
簡単な問題ですので、ちょっと考えてみてくださいね。


〜問題〜

ここに、8枚の金貨があるとします。
そのうち1枚がニセモノの金貨で、ホンモノの金貨よりも少しだけ軽いという特徴があります。

さて、天秤を使って8枚の金貨からホンモノの金貨を取り出すとすると、
最低何回天秤を使えばいいでしょうか?

===PR===========================================================================================================PR======
続きはコチラ(正解は・・・・?)
posted by 伊藤 at 23:32| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

いつもと少し違うことをする。新たな発見が待っている。


今日、いつもと違う本屋さんに行ってきました。

いつも本を買うときはツタヤに行っているのですが、
たまには違う書店に行ってみようと思い、即行動に移しました。

行った先は、たぶん市内で一番大きいであろう、
岩瀬書店という本屋さんです。

いつも行っているツタヤも結構広いので、
たくさんの種類の本が置いてあり重宝しています。

しかしいつも行っていると、
行動がパターン化されてしまいます。

もちろん、行動がパターン化されることは悪いことではないのですが、
私が本屋に行く理由は”新しい情報を発見するため”ですので、
行動がパターン化されると、新しい発見をしにくくなります。

例えば、どこに何の本が置いてあるか大体わかっているので、
店舗に入ると興味のある本棚に直行してしまいます。

そうすると、情報が偏るだけでなく、
全然違うジャンルの本と出会うチャンスを逃してしまいます。
それでは本屋さんに行く意味が半減しまてしまいます。

なぜなら、同じジャンルの本を購入するだけであれば、
アマゾンを使った方が、品ぞろえもよく、手間もかかりません。
さらに、購入履歴などからおすすめの本も紹介してくれるので、
とても便利なサービスです。

それでも私はあえて本屋に頻繁に行きます。
頻繁といっても、月に4〜5回ですが・・。

そしてなるべく自分が購入しようと思っている本が置いてない本棚も
チェックし、興味の幅を広げるチャンスを作るのです。

===PR=======================================================

====================================================PR======

しかしそれでもある程度行動が限定されてしまいます。
その限定を外すのが、他の本屋さんに行くということです。

いつもと違う本屋に行くということは、
まず、自分が興味のあるジャンルの本棚を探すところからスタートします。

急いでいない場合は、お店の見取り図はあえてみません。

なぜなら、適当に本棚を探し回る過程で、
新たなジャンルに出会うチャンスを増やすためです。

また、目的の本棚にたどり着いたとしても、
いつも言っている本屋の本棚と置いてある本が違うし、
並び方(営業、マーケティング、会計・・・のこと)も違います。

ですので、いままで知らなかった本が置いてあったり、
実は見落としていた本があったりと、
同じジャンルの本棚の中でも新たな発見があります。

いつも行く本屋さんが決まっている人は、
たまに違う本屋さんに行くことをお勧めします。
そこではきっと新しい発見と出会えると思いますので・・・。

「ああしたい!」「こうしたい!」ワクワクを毎日に取り入れよう!
「行動すれば、次の現実!」
小さなヒントからアイデアを発想し、小さな革命を起こしましょう!
posted by 伊藤 at 21:36| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いーぷら Style

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。