ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを見ました。:いーぷら Style

2013年02月12日

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを見ました。

こんにちは。

映像作品って面白いですね。

いろいろなアイディアが得ることができるので、

たまには時間をとって見るのも良いですね。


「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

という作品を見ました。

 




 


小池徹平さんが主人公で、ブラック企業で働く男の苦悩を描いた作品ですが、

極端すぎる内容ではありますが、

ちょっとした企業あるあるなので、見てて面白かったです。


とはいえ、あるあるで見過ごしていい問題ではないので、

ちょっと自社に照らし合わせて考えてみてください。


この作品の冒頭でブラック企業の条件として、

・残業が当たり前

・徹夜が何日も続くことがある

・同僚に情緒不安定な人がいる

・必要な経費が認められない

・同僚に異常なほどスキルの低い人がいる

・社員の出入りが激しい

なんてことが挙げられています。


一応確認ですが、あなたの企業はこんな条件をいくつも持たしていませんよね?

 

 

 

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

を題材にしておきながら、この記事の内容は全然関係なかったりします。


この作品はコメディー感が強いので、

個人的には結構好きです。

 





 

本日もありがとうございました。

posted by 伊藤 at 17:26| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
いーぷら Style
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。